快適で安全な住空間窓から変わるあなたの暮らし防犯ガラスや省エネ・断熱・防音効果の高い二重サッシでより安全・快適な暮らしをご提案しています。

防犯ガラス

住まいの防犯性向上は窓ガラスから
住宅への侵入方法で目立つのは、窓や玄関のガラスを破壊して侵入する「ガラス破り」です。
特に戸建て住宅では「ガラス破り」が最も多くなっており、これが窓ガラスの防犯性能を高めることが
重要であるということの根拠となっています。
窓ガラスには「防犯ガラス」を採用することが非常に有効なのです。

データから侵入犯の行動を知る

  • 空き巣狙いの侵入方法

    戸建住宅でも集合住宅でも、その侵入方法はガラス破り
    が最も多くなっています。これは 「窓ガラスを破って手を差し込み、クレセント錠 を外す」という方法です。

    イメージ
  • 戸建住宅へのガラス破りの侵入口

    戸建て住宅のガラス破りの約半分は「掃出し窓」です。
    そのほか、「腰高窓」や「高窓」からの被害も多くなっています。

    イメージ
  • 泥棒が侵入をあきらめる時間

    泥棒は5分間で侵入できなければ約7割があきらめるというデータがあります。泥棒は人目を嫌い、時間がかかれば近所の人に見られる可能性が高まるからです。

    イメージ
  • 泥棒が犯行をあきらめた理由

    泥棒が犯行をあきらめた理由で最も多いのが「近所の人にジロジロ見られた」で6割以上の割合となっています。つまり、泥棒は人の目を最も気にしているわけです。

    イメージ
ガラス破りの侵入手口

ガラスを破って侵入する手口にはいくつかの種類があり、代表的なものとしては
「こじ破り」と「打ち破り」があげられます。


打ち破り バール
破壊音をあまり気にせずにガラスを破壊し、
住人や警備員などが駆けつける前に、数分で目的を達成しようとすること。

こじ破り ドライバー
ドライバーなどで音を出さないようにガラスを破壊し、
まわりに気づかれないよう、ひそかに侵入しようとすること。

窓ガラスの防犯対策とは

窓ガラスの防犯性を高めるためには、破られにくい工夫を施したガラス(防犯ガラス)を採用することが一番効果的です。

防犯ガラスは、2枚のガラスの間に強靭で厚い中間膜や、ポリカーボネート板を挟み込んだ
あわせガラスです。今お住まいの窓ガラスの取替えも簡単に行え、紫外線を99.9%カットもします。
網入板ガラスでは、バールなどで打ち破った場合、すぐに穴が開いてしまいますが、防犯ガラスの
場合は、中間膜があるため穴を開けるまでには時間がかかるか、穴が開きません。
侵入犯は、時間がかかるのを嫌がりますから、防犯性が期待できます。

防犯ガラス料金表

※セキュオ参考価格
セキュオ60(透明3mm+60ミル+透明3mm)

900mm×900mm……\17,000
900mmX1800mm……\29,000


※工事費・寸法取り代込み
※税込み
※廃材処理費込み
※2箇所目以降の割引あり
※現場の状況により諸経費が掛かる場合があります。
※見積り無料にて行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ガラスサッシの有限会社前島サッシ お問い合わせ・お見積もりフォーム

analyze